マイホームを早く売りたい人に最適!?不動産買取の役立つ雑学を幅広くご紹介

不動産会社には、仲介を行うところと自社が不動産買取を行って再販売するところの2つに分類できます。
いずれも不動産売却の方法として認知されているわけですが、値段よりも一刻も早くマイホームを売って現金化したい人や海外に移住するのでマイホームをなるべく早く処分したい人は不動産買取が向いています。
不動産買取の場合は、買取先の会社が見つかれば1週間程度で現金化ができるメリットもあります。
ただ、仲介を利用するときより成約価格が下がる、一般的には7~8割程度下がるといわれています。

マイホームの売却は不動産買取で良い?知っておくと役立つ特徴を解説

マイホームを売却する手段として不動産買取を選ぶ場合、不動産会社が買い主となります。
売る人は不動産会社と直接価格を交渉して、条件がまとまればすぐに契約までこぎつけることができます。
急いでいる時でも短期間のうちに取引を成立させられる可能性がありますので、スピーディーな売却を希望する時に選ばれる方法です。
広告を出したりといった販売活動を行う必要はありませんし、内見のための準備をしたりその対応したりといったことも求められません。
販売活動全般が要らない方法であり、取引は実にシンプルです。
ただし、不動産買取では希望の額で売れないことも多いので、少しでも高く売却したいと考えるのなら仲介を選ぶ必要があります。
仲介では不動産会社に査定をしてもらい、媒介契約を結んで広告を出して買いたい人を探します。
一度媒介契約を結んでしまえば、あとは広告を出したり見学の対応をするのは不動産会社ですが、決まるまでには時間がかかる方法です。

不動産買取は家を売るための手段の一つ

家を売りたいと考え始めたら、どのような手段があるのかを知っておかなければなりません。
主に買取と仲介とがあり、仲介の場合には不動産会社が売り主の代わりに販売活動を行って購入希望者を探します。
不動産買取にすると、その不動産を不動産会社が買い取ります。
その後はリノベーション等をして付加価値を付けて再度販売しますので、そのためのノウハウをたくさん持っているのが特徴です。
売却期間は不動産買取の方が短くなりますので、急いで売りたい人にも適しています。
仲介のように購入希望者を探すための活動を行う必要もなく、販売期間が不要な方法です。
相手は不動産のプロですので取引もスムーズですし、それぞれの事情を考慮しながらスケジュールを決めてくれます。
仲介では買い手が見つからないような家でも買い取りなら売ることができるのも大きなポイントです。
ただし、価格的には買取の方が安くなってしまいますので、その点だけ注意が必要です。

不動産買取と仲介の流れの違いを比較

不動産買取で不動産会社が担う役割は買主で、仲介の場合は購入希望者を探して売買契約を成立させる仲介者です。
不動産会社の役割が違うことによって、両者の手続きの流れにも差が出ます。
不動産買取では、所有者である売主と不動産会社が売買契約をするだけです。
金額さえ折り合えば成立する契約で、代金決済と物件引き渡しを終えれば、すべての手続きが完了します。
不動産会社は買取った不動産を自社物件にした後に、購入者を探して買取価格以上の値段で売却することができれば、その差額が利益になります。
仲介の場合は、不動産会社が購入希望者を探す作業が、工程の最初の段階に入ります。
買主が見つかれば、依頼者である売主と売買契約を仲介して手数料を得ます。
仲介には買主探しの工程が含まれる点が、不動産買取と比較した際の違いです。
不動産買取は買取依頼から契約成立の流れに対して、仲介は媒介契約から買主探しを経て売買契約成立という流れになるので一つ工程が多くなります。

不動産買取は早く売れるけれども仲介より売却価格が安くなる可能性がある

買取と仲介のどちらを選ぶかは、本人次第ですが自分が現在置かれた状況から決めるのが良いでしょう。
早く現金が欲しいのであれば買取を選び、ゆっくりでよいのであれば仲介を選びます。
仲介はなかなか売れないという人もいますが、それは一概には言えません。
例えばターミナル駅から徒歩3分の超好立地の不動産であったらどうでしょうか。
瞬く間に売れてしまう可能性が極めて高いです。
そのような立地は業者が市場に流す前に買い取ってしまうことも考えられます。
このように仲介といえども、立地が良ければすぐに売れます。
不動産買取は確かに迅速に売ることが出来ますが、約3割ほど仲介よりも安くなるということもあります。
立地が良い土地を売るのであれば、買取を考えるのではなくまずは仲介のほうを考えたほうが良いでしょう。
売却価格は3割違うだけでも不動産は金額が大きくなるために、大きな差が出てきます。
不動産買取を行う場合には注意してみましょう。

茨木市の不動産売却はこちらに関する情報サイト
知っておきたい不動産買取のこと

このサイトでは、自宅を早く売却したい人に最適な、不動産の買取に役立てることができる雑学をご紹介しています。
住宅ローンを組むときには、ローンの担保として土地や建物に抵当権が設定されますが、抵当権は債務の回収が困難になった際に競売にかけることができる権利です。
そのため、完済するまでの間は勝手に売却することはできないので注意が必要です。
ここでは、不動産買取は早期に売りたい人や仲介では売りにくい物件に向いている、再建築不可物件でも対応可能になることがあるなど、幅広くご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search